FC2ブログ
2019 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 09
塀完成!
- 2014/05/30(Fri) -
IMG_0718.jpg
1年前のブロック塀を手がけたときの写真。


エクステリアの業者に見積もりしてもらったのが高すぎたので自分でネットとホームセンターで調達して作ることに。



一番つらい基礎でこの夏は終わり。



そんで、2014の春に完成に向けてスタートです(^^
IMG_3105.jpg
上塗りはジョリパットだが、


塗り作業って意外と奥が深く、技術も要する大変な作業。ゆえに手間賃がうん十万になるのも理解できる。

ブロック塀を洗浄→フィラーをローラー塗装→カチコテSPを1ミリ塗り→フィラーを再度塗装→ジョリパット1ミリ塗装
→最終ジョリパット塗装

の順番で行う。

まずは目地埋め
IMG_3099.jpg
一袋で5000円もする高価なもの、
1時間で硬化するので作業は焦ります・・・・



IMG_3098.jpg
この時点でかなり滑らかにしておかないといけない、、、とあったが


まぁ大体でいいだろうと考えていた。



ジョリパットを塗る際にそのことに気づく・・・・のであった。。。。。



IMG_3101.jpg






IMG_3102.jpg
凸凹・・・・









IMG_3103.jpg






IMG_3104.jpg










IMG_3108_201405300747490fe.jpg
ここら辺までくると塗り方がわかってきて上手になってくる(^^





IMG_3109.jpg
この作業はいろんな意味で無駄にならず、上塗りジョリパットに生かされる(^^







IMG_3110.jpg
塗り作業はこの鏝が一番(^^

にしてもすぐ洗わないとカッチカチに固まります。




この後フィラーを塗布してから本番のこれ
IMG_3204.jpg
ジョリパットを塗るのだが、、、、

カチコテSPの時とは比にならない難しさ、、、完全硬化までは2~3日あるも表面硬化まで5分ぐらい。一度塗ってから手直しできるには数分。


なので手直しは基本できない!!と塗っていかなくてはならない時間との勝負の上塗り材。




こんなに難しいとは、、プロにお願いしたほうが良かった、、、か、、、と後悔しながらここまできたからやるしかない!!と



だって



この作業だけの手間賃で10万はするから・・・・・。




IMG_3115.jpg
滑らかじゃない場所はどうしてもうまく塗れない。




しかも
IMG_3114.jpg
なぜジョリパットが基本2度塗りか分かる。

下地が薄く透けて見えている。。。。



そんで2度塗りへ
IMG_3117.jpg




IMG_3120.jpg



IMG_3121.jpg
2度塗り目で模様をつけるのだが、あまり荒々しくすると失敗するし、滑らかにしておけば汚れも付きにくいと思いなるべく滑らかに~を意識しておこなった。

ちなみにジョリパット1022 色ははじめ白いが時間がたてば少しクリーム色になる。






IMG_3123.jpg
2度塗り後、しっかりと白になった。




次は表札
IMG_3206.jpg
塀に合うようにアイアンにしてみた
この深さの穴を塀に開ける。ちょっと勇気いる。



IMG_3205.jpg



本当の水平だと斜めに見えたので見え方優先で位置を決める。




IMG_3208_201405300750339d7.jpg




IMG_3207_20140530075034c0f.jpg
専用ボンドで固定


IMG_3209.jpg






お次は

IMG_3215_201405300751163d8.jpg
ラストの門扉です!!



今回耐震強度が心配もあったのでここで既存ブロック塀基礎に鉄筋をかませて基礎の幅を持たせた強度をだしてみる方法を考えた。

IMG_3220.jpg
2箇所ドリルでブロック塀基礎に鉄筋を挿入し、この場所も鉄筋をしっかり入れる。


反対側も
IMG_3219.jpg
本来鉄筋はコンクリの中に入っていないといけないが、出ている部分が錆びてもコンクリ自体がアルカリ性質を保っており、鉄筋は酸素と結合して酸化(錆びる)ので、空気の乏しい地中でアルカリ性質に守られていれば水があっても錆びない。との勝手な発想で杭のように何本か打ち付けてます。





IMG_3224.jpg
セメント投入!




で念願の門周りの白砂利投入実現(^^
IMG_3227_201405300752370eb.jpg
これで玄関とお揃いの白砂利。




IMG_3226_20140530075234da1.jpg
門周りも立派に見えてきました(^^



そして3日養生したら。



20140517_101006.jpg
嫁がハートぽくて可愛いと選んだアイアンの門完成♪





20140517_100956.jpg
1年掛かってようやく完成♪

ブロックなんて100円ぐらいだから殆どの経費は
門 6万
フェンス 13万
ポスト 3万
表札 2万
・・・作成に関わる必要で購入したサンダーやコンクリートドリル、すべて含めても30万と少しで済んだ(^^

まぁおしゃれな門やフェンスを安いのに変えれば15万以下で出来たかも~



で。
ここでまだ完成ではないことに気づく・・・・・

ここに門をつけたら、、、インターホンを押すために中に来客は入らないといけない。
庭には入ってもらいたくない。


となるとインターホンを門に増設しなければ。。。。。



だが、配線はもう不可能。。。。。







以前TVのトレタマでしていた無線インターホン!を設置することに。
doaphon01.jpg
家の中のモニターは好きな場所に置けるのだが、やはり既存のインターホン近くがいいので、電気工事することに。


ブレーカーを落として
20140524_200733.jpg
既存インターホンがAC100Vを直結しているのでそこを分岐して下に穴を開けてコンセント増設してそれを電源にモニターを設置することにする。


20140524_204159.jpg
裏に何も無いことを確認してから穴の大きさに注意しながら恐る恐るカッターで切る。


真下に設置したかったが、右に柱があり、やや左になった。

20140524_212320.jpg
このままボックスを落とさないように設置して






20140524_214004.jpg
完成


そしてモニターもその横に設置して
20140524_220052.jpg
ケーブルを切断して短く加工したらスマートに設置完了♪

これで掃除機用にも使えるコンセントが増えて一石二鳥(^^







そして玄関側にも設置。
20140526_055924.jpg
防水仕様で乾電池6本で半年稼動。

今後もし電池交換面倒なら13センチブロック貫通させ門柱に沿わせてラインを落とし、地中埋没してガレージ内より電源供給の案もある(^^


まぁこれで完成。


20140526_055904.jpg
このインターホン不在時の写真での記録もしてくれ、夜間は赤外線自動切換え。モニターは持ち歩けるので、夜勤明けで2階で寝ていても対応できるのが良い(^^



これで庭の8割が終了。
後はサークルストーンとレンガ花壇、バラ用セッティングかなぁ~(^^
スポンサーサイト
この記事のURL | エクステリア | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<初登山! | メイン | 自宅でBBQとたけのこ掘り初体験>>
コメント
- -

スゴイ‼︎まさにプロですね。
私も現在門柱(ブロック)で作成中で、ネット検索してましたらこちらのブログに辿り着きました(^ ^)
仕上げにジョリパットを使用するつもりなんですが以下の質問に対して回答頂ければ幸いです。
①手順にあるフィラーっていうのは何ですか?
②カチコテとかいうモルタルで下地塗りされてからジョリパットを2度塗りされるのですか?
③ジョリパットは1缶で2回に分けて使用可能ですか?(1回目塗って数日後に2度塗りするイメージ)
図々しいコメントですみませんがよろしくお願いします。
2015/07/25 23:41  | URL | bic #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: Re: Re: タイトルなし -

ブログ閲覧ありがとうございます。
私も素人で、ネットでやりかたを勉強して塀を作りました。
はやり上っ面だけではなく水平やモルタルやシーラー等の細かい理由等の知識も必要で、それなりに勉強しなくては出来ないかなとは思います。

質問の①フィラーというのは液状の下地の接着剤的な目的の物です。
本来ブロックが新品ならその上に塗り、更にカチコテで下地を滑らかにして更にフィラーを塗りジョリパットが理想です。
ブロックが古いなら一度高圧洗浄で洗ってからフィラーですね。

なぜフィラーが必要かというと、ブロックはよく見るとわかるのですが穴だらけです。なので、下地のカチコテをそのまま塗ると固まる前に水分をブロックに吸収されてしまい強度が出ないまま固着するので、そのときは問題ないが、数年後に剥がれ落ちる可能性があるというものです。ようはフィラーの薄い透明な膜をはることで水分の吸収を阻止し、しっかりとした接着効果が期待できるのがフィラーです。
なので、面倒ですが、しっかりと塗って乾いてから次の工程へ行く事をお勧めします。

次に②カチコテとかいうモルタルで下地塗りされてからジョリパットを2度塗りされるのすか?
カチコテはモルタルみたいですが、まったくの別物で、硬化時間が早く垂れにくい、そして薄くのばせる結構値段のする商品です。
必ずカチコテはして下さい。でないとそのままジョリパットするとブロックのつなぎ目がそのまま消えずに残ってしまいます。なので、カチコテはでこぼこを修正する為の下地という考えが良いかと思います。腕のあるかたなら軽量モルタルかモルタルでも濡れないことはないです。

③ジョリパットは1缶で2回に分けて使用可能ですか?(1回目塗って数日後に2度塗りするイメージ)
これはジョリパットの性質なのですが、初期硬化はかなり早いです。夏場なら5分後に一度塗った所をいじろうとすると失敗してしまうほど・・・。だが完全なる硬化には数日かかるほどゴムみたいに柔らかい素材です。
塗る範囲が狭いなら2回に分けて使用可能です。缶の中にゴミ袋みたいな袋に入っていて、使った後にしっかりと封をして、空気を遮断すれば残った分は硬化せず後日でも使用できます。
ジョリパットの基本ですが、模様をつけたい場合は特に2度塗りをお勧めします。1度だと下地が透けてしまいます。1回目は均一に塗り、乾いたら上から模様を描いて塗ると下地が見えず綺麗に塗ることが出来ます。
最初は見えない場所からスタートすると上手になって一番見えて欲しいところが上手に出来ると思います。
骨材を入れるとかなり難しくなるので、模様によっては腕が必要ですね。

また何かあれば質問してくださいね。
頑張ってください♪
2015/07/30 22:32  | URL | hiro #-[ 編集] |  ▲ top

- -

返答ありがとうございます。
ちなみにフィラー(接着剤)はジョリパットには付いていないのですかね?ジョリパットHCならセットでシーラーが付いているとかきいたことがあるのですが…
全て別々に購入しないとだめですよね?
2015/08/07 00:54  | URL | bic #-[ 編集] |  ▲ top

- Re: タイトルなし -

すぐ出来るセットでシーラー付属もありますが、その分ジョリパットが少なかったり、シーラーが少量であったりと、どれだけの面積を塗るかによるのかと思います。塗る面積が多いなら別々に必要な量を購入するのが良いかと思いますが、
途中で足りなくなると困る場面もあるので、多少多めの計算が精神的にも安心かと。。。
2015/08/10 08:13  | URL | hiro #-[ 編集] |  ▲ top

- -

自分もこれから自分でブロック門柱作るので
こちらのブログを参考にさせてもらいます!
2015/08/10 22:42  | URL | #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://goodss53.blog39.fc2.com/tb.php/450-aed18b41
| メイン |