FC2ブログ
2016 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2016 03
人生初の意識消失
- 2016/02/17(Wed) -
IMG_0502.jpg
ゴーグルも新調しました。
古いやつはもう、、、17年は使っている?

新しいのは曲面になっていて正に今風ですね。しかも機能も優れているようです。IMG_0505.jpg
もとの値段が1万するだけのことはあり、スポンジ状の所は人口植毛もしてあって肌触りも抜群。


キスマークマニアではないが、やっぱり安心が一番♪


で、P1040822.jpg
家族で尾瀬岩鞍に先日行きました




P1040823.jpg
何年かぶりなので、この新しく出来たトンネルも初通りです。
それまでは険しい道でレガシーでも滑ってしまいスキー場まで行っていたのを思い出します。

この道の余波でオルゴールのお店が閉店とか、、、、まぁ時代の流れとはいえ寂しいものです。





P1040824.jpg
いきなりゴンドラ、しかもシングルライダーを使って待ち時間なしで乗れちゃいます。






天気は抜群ただ寒いぐらい。




P1040826.jpg
ロッカースキーをやっと試せるとワクワクでいっぱいのミルキーウエィ




ストレッチして滑るも・・・・・・・ブーツの感覚と板の感覚が今までとかなり違いなれるまで大変!!!

ターンがしやすいが、技術があまりないので不安定になってしまう。

加重と基礎がないからなのだが、1本をなんだか乗りにくいなという印象で降りる。


そして2本目
P1040825.jpg
段々と人が増えてきた。



P1040827.jpg


さすがこのスキー所スキーヤーは皆うまい。



そして事故はこの後起きる。


滑っていて突然意識を失う。


意識の遠くから女性の声が段々大きく聞こえる

まるで霧の中遠くでだれかがささやくような感じで 「大丈夫ですか?」

今どこに居るのか、一瞬分からなくなり、動けないままあまり思考が働かない中で考える


「人とぶつかったのだと」その後何度か声をかけてくれたが意識が朦朧として返答できず。


「レスキュー呼びましょうか?」と声がかかる。

大丈夫です、と声をだし、相手はその場を去る。

体の痛みはなく、板は外れていたが、板もストックも外傷がない、ゆっくり座り5分程過ごす。

相手は私とぶつかって5メートル程飛んだ先のコース外に着地したために無害だったようだった。

私はぶつかった衝撃でそのまま硬い雪に頭を強打してしまい脳震盪を起こした結果そのときの前後の記憶がなくなってしまった。


その後ゴーグルの破損、鼻の軟骨の強度の痛み、口の中が切れて出血が確認できた。

そのまま帰ろうとは思ったが、子供がスノーパークで楽しんでいたので1時間休憩してからあと少し滑って帰ることにした。
その後も衝突の恐怖もあり、人が居ると怖さがあった。
P1040828.jpg
急斜面で下はアイスバーン、 人多すぎです。そして皆飛ばすから危険


人生ではじめての衝突と意識消失 
2分以内の意識消失でも脳震盪中度の危険とか、 1週間から2週間は安静にする必要があり、その間にもう一度脳震盪をすると致死率が50パーセント上がるとか。

先日の女児死亡のスキーとボードの衝突もあり、
そして海外はスキーする人の8~9割はヘルメット着用が当たり前らしい。

今回ヘルメットの大切さを痛感した。

確かにこのスキー場のこの日のヘルメット着用率はかなり高かった。


もう
ヘルメット=上手な人
という方程式なんてくそ食らえです。

生きるため、安全に滑るために下手でもヘルメット着用!!  下手だからこそ着用!!

これがこれからの常識になるべき


そう感じた今回の事故であった。


次からはヘルメット必須になりました(^^


死亡事故にならず、助かった事に感謝して、安全にそして楽しくこれからもウインタースポーツ楽しみたいと思う今日この頃

ヘルメット購入しなくては~♪
P1040829.jpg

ボーダーもスキーヤーもマナーが悪い人は多い、 それは人によるからだ。

でも、ボーダーの人


北極のトドが休憩しているみたいに広いスペースに座り込みで居るのは確実なマナー違反でしょ。これ



危なくてしょうがない・・・・・。





最後のへそくり
IMG_0509.jpg
使うときが来た、、、、、


今の若い子に見せたら偽造紙幣と思われそうだな。


最近ちょっと可愛く感じることが多くなったわがやの犬。
IMG_0507.jpg
ウンチのトイレでの成功率5パーセントなのがかなり腹立たしいですけど、、、、
スポンサーサイト
この記事のURL | アウトドア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |