FC2ブログ
2014 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2014 03
120年ぶりの大雪。
- 2014/02/20(Thu) -
IMG_2811_201402201046340f5.jpg
14日の職場での写真。

私は軽くみていた。
天気予報では前回ほどではない雪が降るし次の日の朝には雨に変わる。と

まぁいつも当てにならない気象庁を信じた私がいけないのですが、、、早番で出勤して、しかも2台の車で1台しかスタットレスを履いていない。

嫁子供の命と私では優先順位は嫁子供。


なのでこの日はムーブのノーマルタイヤで出勤。しかも普通の靴で。


その後雪が午前中から降ってくる。



最初はキレイだなぁと写真を撮っている余裕があったが、、、、、



かなり降り方が本格的に。



午後になり会社の人のはからいで急な坂の上の職場なので下まで車を下ろす。その際はまだ道路に雪はなく安心していたのが午後2時。



IMG_2814.jpg
その後も雪は異常な積もり方をしていたため16時ですぐ帰る事に。


そして下の車のところまで送ってもらうのだがすでに道路も積雪!!!


スリップしながらなんとか坂を上って下りる。



車のフロントガラスの雪がもう15センチにはなろうとしていた。




ノーマルでいけるか?と恐怖を覚えながら走り出す。



ハンドルはOK  アクセル 進む。


大丈夫じゃん(^^



と思ってブレーキを踏むと ABSが効いているのに止まらない・・・・・・・!!!!!!!!!!!!




やばっつ!!!!!!



正直ノーマルタイヤで岡山の頃から走っていたりしていたので馬鹿にしていた。



ほぼ新品ノーマルタイヤだからなお大丈夫と思っていた。



だが止まらない。。。。ハンドルも急に切ると滑り出す。。。。


恐る恐る大通りまで走る。




そこで信号が赤になってブレーキを踏むも止まらず 「ガガガガガガガガガ」とABSが働いて止まったのが交差点に5M程入ったところ。



もうこうなったら超車間距離しかない・・・。



下り坂で滑ったら、、、と


恐怖の10kmを走破して家路へ。




そこで職場に携帯を忘れたことに気づき職場の人と近くで落ち合って渡すことに。


その時刻夜の18時ごろ
IMG_2822.jpg
雪を恐れて家路を急ぐ人で混雑。と、まったく動かなくなってしまう。


たぶんスリップして立ち往生した車で大渋滞。



裏道を通って走る。




今回はスタッドレスのヴォクシー  心持安心して走っていると90度カーブでハンドルを切っても曲がらずブレーキ踏んでも止まらず目の前は縁石と自動販売機


ガガガガガガガガガ!
とABSと共に

ああああああああああああっ!!!!

と叫び縁石横のポールをなぎ倒してなんとかハンドル復活して衝突は免れた、、、



対向車着ていたら最後だった。



すでにここまでの積雪はかなりのもの。 ノーマルでは自殺行為

スタッドレスでも危険。




そして家路に着き、天気予報を見る。
「明日の朝までの降雪量は15センチ、9時ごろから雨になるでしょう」と。



雪は凄いがとりあえず大丈夫かな、とカーポートやビニールハウスやテラスの構造上弱い物の雪下ろしをせず

居間でウトウトしていた。。。




電気が消えてつく。


「はっ」と目覚めて時計を見ると明け方の2時





今のは停電。たぶん電線が雪の重みで切断したのだろう。。。。




ってことは???



と恐る恐る外を見る。





十五センチずらじゃない!!!もう30センチ超えとる!!!


この時点で30cm超えて更に雪は激しさを増して積もっている。


ここで絶対ヤバイと本能と直感で嫁に知らせる。



嫁「大丈夫だよ、大げさな、今から雪下ろししなくても朝すればいいじゃん」


一度布団に入るも今回の予報は完全に外れてとんでもない事態になる!と確信。



スキーウエアに手を通し表へ。




すでにひざ上、又近くまで雪が積もり歩くのも一苦労。




降りしきる雪の中道具が無いので三脚と窓掃除の道具を棒で延長したのでビニールハウスとイナバじゃない物置とテラスと肝心のカーポートの雪を下ろす。  イナバは頑丈だから後回し。




嫁が玄関から出る際に手伝いに来てくれて2人で朝2時から5時まで交代しながらとてつもない量の雪を下ろす。





誰も居ない静まり返った中、歩いて新聞配達の人が通っていく、かなり疲れている様子。




嫁が道路を見てくる。と見に行って帰ってくると


息切れしながら
「あーーー超疲れる」と200メートルぐらいの距離で歩くだけで疲れた発言。


「まさか、大げさな、貧弱か!!」と私も歩くと、、、、、、

すでに腰近くまである雪を一歩一歩歩くのはとてつもなく体力が居ることが分かった。

「ほんまや」と嫁に謝る。


配達員があまり元気ないのも理解できる。もうへとへとだったのだ。




そして家に入ろうとアプローチを見ると3時間で更に10センチは積もっていた。


そして寝ずに朝を迎えるその間2回も停電があり。夜が開ける。
IMG_2832.jpg
ありえない。この雪。




今回は想定をかなり大幅に超えた量の雪。




もう雪国である。







IMG_2833.jpg
右のカーポートが雪下ろししていない状態で左ががんばって雪下ろしした結果の家のカーポート。











IMG_2838_20140220104722ad0.jpg
あまりの湿った雪の重みでシマトネリコ折れました・・・・。












IMG_1094_201402201046279b1.jpg
夏の庭の状態が

IMG_2840.jpg

フェンスの上側に達しようかと言うほどの量。





私も人生でこんなに凄い雪は初めて。もちろん岡山でもここまでのは無かった。








そんなこんなで9時をまわったらみぞれになり、雨に変わってきた。



雪下ろしはこれでOK!とコタツでくつろいでいると


職場から

「完全に職場孤立状態。物資も届かず職員が夜勤者がフルで動いて早番が歩いて施設に向かっている。遠い人で20kmの距離を今歩いて向かっている人も居る。勤務が回せない。」と情報が入る。




仕事が介護なので、今日はライン止めましょうや休業にしましょうが通じない業種。命掛かってる。





休みだったが職場に向かうこと決める。11時ごろ出発


スキーウエアにリュックを背負いこのまま2泊するつもりで家を後にする。




道はかろうじてあるわだちが水溜りになっている状態。



雨が降り雪に足を入れると中にググっと入ってしまうのであるきづらく体力を消耗する。


歩き始めて1Kmで立ち往生した車数台を自衛隊が救出していた。






道端に乗り捨てられた車や、営業していないコンビニ




国道には車が1台も通らないまさにゴーストタウン状態。





途中には消防も出動していたりしていたが、一番目に入るのは


倒壊した屋根やカーポート。


そしてその下敷きになる車の数の多いこと。



不謹慎なので写真等には撮らなかったが、いかにこの雪がすごいか感じれる。






家のカーポートも2時にやっていなかったら同じことになっていたと思うとゾッとする。









10Kという長い道を3時間かけて歩き、唯一あいていたコンビニで食料を買い込み職場へ。





最後のスパートで腰までの雪を掻き分けて上っていくと雪かきをしているすでに歩いて出勤された方をねぎらい現場へ。






職員の中には20Kmを6時間かけて歩いてきている人もいて。本当にプロ意識を感じて尊敬した。








そのまま現場で業務に入り
20140216_080516.jpg
2泊3日間で仮眠8時間で31時間勤務を乗り切った。

寝るところないので事務所の床。




厨房にも在庫がなく、入居者の食事もおかゆと1品のみ。等で職員もカップラーメンでしのいだ。




透析の人や救急搬送時には死者が出る・・・そんな恐怖と共に過ごした3日間。




地域の方の計らいで重機で雪をよけてくださり透析の人は行くことが出来た。





正直カップラーメンは暫く食べたくないと思える程この3日間は過酷だった。






そして3日めの朝
20140217_103009.jpg

念願の我が家へ。



うちの前の道路は嫁が子供の面倒見ながら雪かきを一人で行っていた。本当群馬の女性は職場も嫁も皆たくましい。








雪がかなり硬くなり雪かきもかなり大変。




その後の出勤で雪かきを行うもかなりの重労働。雪国の大変さを思い知る。




もう暫く雪は見たくない!と心底思った。







その後も雪かき。
20140219_162053.jpg
職場の室外機の雪をどかしたり・・・・






ただ雪から5日たってもまだ雪は道路の両端にあり、幅が狭くなり通行も危険。


保育園の道は車一台だけしか通れないから途中から徒歩での送り。



そして嫁の車はノーマルタイヤ。




コンビニの食料が枯渇して閉店したり雪かき道具や長靴はどこも売り切れ。もちろんスタッドレスも。





このあと120年間この雪は無いかもしれないが、


もしもの為に必要だな。と思えた今回の大雪。







そしてなにより思えたのは。周りが行動していなくても、直感で行動して、それが結果恥をかいてもやらなくて後悔するぐらいならやって恥じかいたほうがいい!と思えた。


そして過信は最大のミスを引き起こす因子であると再認識した。





今後120年間この雪が降る事が無いことを祈って。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
20年ぶりの大雪。
- 2014/02/12(Wed) -
IMG_2718.jpg
大雪との予報の1週間前の少し積もった時は子供といっしょに庭で楽しみました(^^







IMG_2722.jpg
雪だるまを作ろうとなって。







IMG_2733.jpg
庭の雪をかき集めてなんとか完成♪













楽しんでいたのだが。。。。





この日の天気予報は雪なんて予想していなかったので「気象庁は外しすぎ」と思い込んでいた。




この後「大雪になる、20年ぶりの」というフレーズに


「また外れるかな」と思っていた。








そして夜勤明け
の朝
IMG_2749.jpg
お昼前なのにこの気温



そして



IMG_2744.jpg
明け方4時まで降っていなかった雪がどんどん積もって5時間でこの雪景色






家についてとりあえず
IMG_2760_20140212081919022.jpg
仮眠しかない。とまず寝ることに






IMG_2758.jpg




IMG_2761.jpg
このまま朝まで降り続いたら・・・・と段々と怖くなってくる。





なんせカーポートは20センチ積もれば雪下ろしせよ

となっているし・・・・・




そして仮眠後夕方外を見てみると

IMG_2772_20140212082031b4b.jpg


やばい!夕方5時で6時間でここまで更に積もったことになる。



スキーウエアを着込んで雪下ろしの道具がないから窓掃除のツールで雪が強く降り積もる中雪かきへと外へ。



すでに夜勤明けで疲れているのでかなりふらふら・・・・



IMG_2771.jpg





IMG_2768.jpg
まず

雪下ろしの大変さを身をもって感じる・・・・これは重労働。






ある程度落としたところでもう日が暮れて見えなくなってきたので中止。家に入れば汗で下着びっしょりでした。








んで次の日の朝、
IMG_2780_20140212082049a7f.jpg









IMG_2774.jpg
あれ以降も降り続いたがそれほど激しくなくてよかったと一安心。


まず朝日の力で雪も溶けかけてきている状態で。。なお安心。









でもアプローチは・・・
IMG_2782.jpg
雪国の様な感じに・・・





そして道路は

IMG_2783.jpg
これじゃエアロや腹に雪が当たっちゃうよ、、、って程あるのでまず午前中は車出せそうに無い・・・。









もう


ココまで来ると



雪だるまとかいうレベルじゃない。





どちらかというと・・・・・・
IMG_2805_20140212082128a0c.jpg
こんなん作ってしまえるレベル(^^




子供は喜んでいたけど、、、この2日後には「雪飽きた」と。



IMG_2809_2014021208214576a.jpg
手前滑り台(^^











IMG_2807.jpg
実はこの次の日の朝が危険であることにその日は気づかず。




凍ってムーブのノーマルタイヤで早番の俺はひやひやしながら出勤。そして半日地獄の雪かきをしたのである。

ここまで雪につらい思いさせられると、、、たまに降るときのワクワクも、消失。

雪国の人の大変さが少し分かった気がしたこの20年ぶりの大雪。




次の20年後に使うか分からないが、雪かきの道具とチェーンぐらいは一応備えておかないとな。と思った今回の大雪でした。
この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
るなぱーく
- 2014/02/12(Wed) -
IMG_2550.jpg
近くにあってもまだ行ったことなかったので


行ってみる。









IMG_2561.jpg
楽しんでいないようで楽しかった様子 2回目申請あり(^^;













IMG_2591.jpg
この日はかなり寒かった・・・・












IMG_2599.jpg
アトラクションよりも究極の滑り台の方が楽しそうである。








IMG_2606.jpg










IMG_2616.jpg
息子にトラブル??と思うほどスタッフ集合している・・・・









IMG_2623.jpg

子供は楽しめたみたい(^^





IMG_2700_20140212081727304.jpg
保育園で作成した節分の鬼のお面。
娘のお面は泣きそうな感じ(^^;

この後鬼のお面被って脅したら娘マジ泣きでした(^^
この記事のURL | 子供 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年会。
- 2014/02/12(Wed) -
IMG_2635.jpg
年々回数が少なくなっているいつもの集まり。

はじめは皆20代。



今は30代になってしまったおじさんの集まり(^^;





数年前から話があった「富士急新年会」を実行することに☆







朝日を浴びて良い2日間になることを祈って出発です。









行く道中に話しあった結果ワイン試飲に決定。
20140131_110711.jpg
口の達者な方の話を聞いて
ワインを回す理由や赤ワインと白ワインの違いや、、熟成できるワインと製造工程で違う事や。。。

色々と勉強になった。









赤ワインの安いのしか飲んだこと無いので、白ワインを飲んだときの飲みやすさ、、、これはビックリです。









んで。次はもう



行き先なんて行き当たりばったりです。
向かいの宝石系のところへ
20140131_120057.jpg
100Kgもある水晶だとか、
色々と無料で見学したから、、何か買わねば。。と2人はアクセサリーを買ってました。


びっくりしたのが隕石が重いこと。。。。










んで。次は昼食
ほうとう不動と決めていたが、、、
20140131_125313.jpg
あまりに建物が斬新すぎて別の店舗へ







20140131_125707.jpg
同じほうとう不動の別店舗

趣は大切だと30代になると店選びも見た目から。。。。。ですかね。










20140131_130034.jpg
メニューは1つのみ!









20140131_130042.jpg
このロゴは数年前に変更したみたいで富士山と河口湖をあらわしているとか。









20140131_131332.jpg
ご当地グルメ

やさしい味で、温まりました(^^
帰りにお店のTシャツゲット♪結構かっこよいです。













次は一度来てみたかった噂の場所
IMG_2641.jpg
1名一度来たことがあった人が「たいしたこと無い」とあったが、一応ね。









IMG_2642.jpg



















IMG_2644.jpg
















IMG_2645.jpg
穴から見上げる感じがなんか良かったです(^^










IMG_2648.jpg
洞窟はかなり狭いところもあり腰をかがめて通ります・・・・。おじさんにはツライ!!










んで
IMG_2654.jpg
氷の通路、かなり冷え冷えです










IMG_2656_201402120814552ff.jpg
ここが目標地点。



まぁ ふーん といった感じでした。





それよりあっという間ですぐ終わったのでなんか拍子抜けです。












なので次は風穴に(^^






IMG_2658_2014021208150021e.jpg



















IMG_2661.jpg
風穴なので、何が違うのかな?と思ったけど入り口はおんなじ感じ。












IMG_2666.jpg
こっちの方が氷の量や規模が半端ないっ!!!











IMG_2668.jpg
通路は大きめで全体にツララと氷がそこらじゅうにある状態。













IMG_2671.jpg
昔の貯蔵庫って感じです。




なんかこっちの方が規模が大きくて楽しめた感じです(^^








IMG_2680_20140212081646485.jpg












IMG_2682.jpg
出口への階段・・・・なんかこういうのスキデスね。

















IMG_2685.jpg
出口は富士樹海・・・・・おそろしやぁ~

















そして、、夜はホテルの中の居酒屋で
20140131_184338.jpg








品揃えも豊富でにぎわっていて楽しめました(^^
20140131_184905.jpg
これもご当地名物とりもつ  

かなりおいしかったです(^^









んで
2日目はメインでもある富士急ハイランドへ。
20140201_091053.jpg
初日は風があってフジヤマが停止していたので今日に掛けます!



あまり人で混んでいなくてかなり待ち時間なしで乗れました。



ドドンパ    10分待ち
高飛車     10分待ち
フジヤマ    40分待ち
ええじゃないか 10分待ち
そのほか0分待ち

あまりにスムーズに乗れたので昼休憩なしでぶっ続けで乗ってしまい気持ち悪くなって・・・・昼過ぎ2時には満足して帰る事に。

20140201_133149_LLS.jpg
最後は観覧車でのんびりしてから。。。



20140201_133402-1.jpg
初めて乗った連れは「ええじゃないかが良かった」と。

でもやっぱり総評してすばらしいのはキングオブコースター 「フジヤマ」ですね(^^




高飛車も楽しいですけどね(^^




あんまり乗りすぎると免疫か慣れかで、、、あまり怖くなくなるのでそれが無ければすべての乗り物日本一クラスで絶叫です。




20140201_143432.jpg
最後の〆でご当地の吉田うどんを。





店が悪かったのか、、、、、、



麺に火が通ってなさ過ぎてこしがあるとかないとかの前に生でした・・・・。まずかった。。。。。


















そして最後の最後は「ほったらかし温泉」
20140201_171259.jpg
絶景と夕日が見たかったけどこっちの湯が改装中で入れず。


でもすばらしい景色と共にこの2日間が本当に楽しめたことに感謝。















IMG_2693.jpg
次は高尾山登山で会いましょう(^^

この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |