FC2ブログ
2011 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 05
高崎観音
- 2011/04/23(Sat) -
IMG_2098.jpg
桜舞い散る高崎観音へ

バイクで先日行って来ました♪


レンズはもちろん単焦点F1.430mm と 90mmマクロ










IMG_2076.jpg














IMG_2062.jpg












IMG_2068.jpg



















IMG_2074.jpg




















IMG_2081.jpg















IMG_2086.jpg















IMG_2053_20110423224405.jpg



















IMG_2051.jpg























IMG_2046.jpg




















IMG_2105.jpg



















IMG_2103.jpg



























IMG_2125.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 一眼レフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
記録として。
- 2011/04/18(Mon) -
10代ではないが記録として残しておく。

『10代の子供に接する十か条』


①子供を大人の力で変えようという思いは捨てて、肩の力を抜こう。

②『どうして○○しないのか』という子供への不平不満を捨てよう。

③今、現にある子供のよさ、子供なりの頑張りを認めよう。

④子供への指示、命令、干渉をやめよう。

⑤子供から話をしてきた時は、忙しくてもしっかり聞こう。

⑥子供との約束は守ろう。

⑦子供に本当に悪い事をした時は、素直に謝ろう。

⑧威嚇や暴言、体罰で子供を動かそうという思いを捨てよう。

⑨本当に心配な事は、きちんと向き合って、しっかり注意しよう。

⑩子供になるべく『ありがとう』と言おう。
この記事のURL | 子供 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春。
- 2011/04/14(Thu) -
IMG_2036.jpg

それでも春はやってくる。



東日本大震災から1ヶ月が過ぎ。




被災者も悲しみは通り過ぎ、「生きていかなければ!」と口にする復興者へと変わっていく。




とてつもない多くの悲しみと絶望の中、それでも前を向いて生きていける



人間の強さ。





それにしても 東電のレベル7やイベントの自粛の話・・・・・


ウザイですil||li(つд-。)il||li



被災者以外の人間がいつまでも自粛ムードでやっていると日本の経済が大打撃!!それが被災者をまわりまわって苦しめるってのに気付かないのか???と腹が立つ。


被災者の為にも盛大に盛り上がり、消費を促し、仕事に励む。これこそが義援金というその時だけの貢献ではなく継続的にそして莫大なる力を持つ力の源になる。

野菜が売れず 農家は生きていけない・・と悲鳴(先月農家の方が自殺ありました)
後楽シーズンなのに弁当売れず 商売する人利益が出ず給料カット・・・
花火大会中止 屋台の仕事はバイト必要?? 

観光産業や商売、サービス業、農業、彼らの仕事を奪ってまで自粛は必要??

先日インタビューで被災者に自粛ムードについてアンケート取っていたが、「自粛すべき!!」は10パーセント未満でその他はいつもどうりにやっていてほしいとの結果。

企業も恐れず自粛ムードを開放すべきです。復興者の為にも・・・。






んで今日は家の目と鼻の先の距離にある桜がキレイだったので撮影しました(^^
IMG_2028.jpg
両側が道路で真ん中が遊歩道。それを囲む桜並木(^^ 90mmマクロ







汗ばむ陽気で時折吹く風はもう春の風でした♪

IMG_2005.jpg
風が吹けば桜がキレイに散っていきますヾ(´▽`*;)ゝ"







春っていいですねぇ





IMG_1998.jpg
「ピンク色に染められた歩道」








ようやく

こいつの季節になりました(^^
IMG_1989.jpg
今年はいずこへ行こうかな♪
復興の為にも消費して貢献だっヾ(´▽`*;)ゝ"


この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ターミナルケア
- 2011/04/14(Thu) -
倫理や個人情報の観点からあまり触れてはならない話だけど少しだけ。

この業界にもう7年以上いるが、久々の「死」との対面をし、改めて色々思う事があった。




100歳で1ヶ月前に入所され、入所時は百歳とは思えない元気さ、

以前の職場で104歳でトイレ誘導していた入居者が居たがそんな感じである。


101歳を先月祝い、入所時は食事ミキサーを入ればなしで介助で摂取されていたがその後メキメキと元気になり、自助具を使い全量自力にて摂取できるまでに。

更に夜間は大声や独語、、、それに歌まで歌う元気さ(^^

体動も活発でベッドから落ちそうになり夜間ホールにて過ごす事も。

そのぐらいの時に「うんち」としきりに言うので、完全オムツ対応の方だったが二人がかりでトイレに座らせると多量便がトイレにて排泄できたのだ。これは介護者も一同感動もの(^^


101歳とは思えないADLの向上ぶりに 人間の底時からの凄さを思い知る。104歳の方と同様になにか100を超えるまで生きる人にはすごい底時からというかエネルギーがあるように思う。それはその元気さが何年も続く、、とかそういうのではなく最後の最後でのエネルギーの解放なのだろうか。と思う。


そしてしばらく平凡な日々を淡々とすごしていき、


先週ぐらいから体温調節ができなくなり、日中平熱 夜間高熱で薬で解熱を繰り返すようになり、食事も半介助や全介助、時には「いらない」と拒否も。

年齢が年齢だけに多くは望まずに様子をみる。


2日まえぐらいから食事摂取も厳しくなり、食事のみの離床対応となり、夜間の高熱と尿の変色と体のエデーム(浮腫)が著明になってくる。

1日前には食事は傾眠にて難しく、水分のみ。それでも24時間のほとんどでHR(-)排尿なし

そして浮腫が体中に激しくなり、肩呼吸にバイタルサインも徐々に低下。

そして昨日。



私が早番で出勤して朝食は食べずに着床対応して、本人を見るも、口は動かしているが開眼せずこえ掛け反応なし。


NSが昼ごろ本人の調子を見たところ「自然臭」するね。と


これは裏言葉で実は「死前臭」ということ。


そのままFa(家族)に連絡を入れ、見取りの段階に入ったとの話をする。


ようはターミナルケア、食べ物や水分を中止し、枯れるように死をむかえるまでお世話する。


居室を個室に変更される。



私はこれから2連休に入るというのもあった為、最後の挨拶になると思い、本人の手をとり


「長い間 おつかれさまでした」と心に呟いた。



その後、見取りの件でFaが面会に来られてしばらくして。


静かに、眠るように息をひきとった。



本人も家族の声、を聞いて安心して逝けたのだと思う。



最後にFaとの挨拶をし、



本人の  数時間前に手を握った手をもう一度握る。


まだ温かく、とてもキレイな顔でした(^^



とても安らかな顔でこの101年の人生の最後がこういう幸せな形で終われるのは生前とても素晴らしい方だったからなのだろう、、、と思う。





最後にDrの診断をしその日の夕方に出棺となりお見送りをした。







今から思えばうちの施設に来てからの短い間も微笑ましいいい思い出です(^^




私の夜勤中に活発でホールの車椅子にて


「キラキラ光る 夜空の星よ~」と大声で歌っていたのがほんの1ヶ月前だったとは(^^





人は死の直前に一度びっくりするぐらいの能力を発揮するといいます。


知人の親の話で寝たきりの親父にそろそろやばいから、と兄弟勢ぞろいしたら、

寝たきりのはずの父が歩いて起きてきて、

「今日はようきてくれた!ありがとう」と普段しゃべらないのに急にしゃべり、


帰るときには
「帰りの車はあそこのカーブが危ないから気をつけて帰れよ」と帰りに心配までしたり。


流石に皆びっくり、



その知人の方も帰りに車の中で、もしかして・・・・・・


と思ったらしく、その後携帯が鳴る。






今 、 息をひきとったと。





親父として、最後の最後に残りのエネルギーを使い果たしてでも、


子供達の前で   「親父」  でありたかったのだろう、 



そう知人は話てくれた。






生命というのはとても不思議なものだなぁと思う。




死の淵をさまよっていて、家族が面会に来られると


来るのを待っていたかのように ふっ と息をひきとったり。



これも、人間には5感のうち、最後まで機能している器官は「聴覚」であるらいく。


死の淵から生還した人が語った話は、夢の中で本当に三途の川があり、渡ろうとすると

耳元で名前を何度も叫ばれ、うるさくてこっちに帰ってきた 

又、DrとNSの会話も全部聞こえていた・・・・・と。(知人のNSの話)





よく救急のドラマとかで「何々さんわかりますか~!!」と耳元で叫んでいるのは正解なのだ、



だからぜひ、もし大切な人がもうあぶないかも、、、、、



という時、


もう意識もなくて、呼吸もままならなくて、もうだめなんだ。なんて思わず、耳元で名前を、そして感謝をささやいてあげてください。


きっと、絶対に本人には届いています。その大切なメッセージが(^^






そして昨日の101歳の方も、最後に家族の温かい声が耳に入り、その声で安らかに眠りについただろうと思う。



人間の神秘や人の生きる事、死ぬという事



この仕事をしていてよかったなぁと思う瞬間でもある。





101歳のおばあちゃん。  長い間おつかれさまでした。 うちの施設に来てくれてありがとう。(^^
この記事のURL | シゴト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真実
- 2011/04/07(Thu) -








 下記の画像は出所はNYタイムス。
 日本のマスコミでは、うわべだけのお涙頂戴しか載せませんので海外新聞より、
 これが真実の映像です。

 ※ショッキングな映像はあえて載せていません。(本当は見てもらいですが)























20110321_JAPAN-slide-Z8M5-jumbo.jpg
「息子の棺の前で泣き崩れる女性 (岩手県陸前高田市) 」










20110313_JAPAN-slide-7B55-jumbo.jpg
「瓦礫の中に座り込み泣く女性 (宮城県名取市)」










20110314_JAPAN-slide-51GS-jumbo.jpg
「廃墟と化した街を歩く老人 (宮城県女川町)」














20110323_JAPAN-slide-FVUI-jumbo.jpg
「息子(31歳)を亡くした母(58歳) 」














20110313_JAPAN-slide-1WFD-jumbo.jpg
「生存者を探す自衛隊員 (岩手県大槌町)」














20110317-JAPAN2-slide-4SCF-jumbo.jpg
「廃墟と化した街を歩く老人 (岩手県陸前高田市)」



















20110320_JAPAN-slide-VO7H-jumbo.jpg
「避難した4歳の少女 (岩手県大船渡市)」














20110323_JAPAN-slide-A0HQ-jumbo.jpg
「最後の別れ」













20110317-JAPAN2-slide-1ZDL-jumbo.jpg
「残骸に母親が埋まったまま嘆く男性 (宮城県女川町)」















予備自衛官としての派遣も行けず、施設に県からの介護での派遣依頼も参加できず。

この災害で自分としてできた事は何一つない。

阪神淡路大震災に参加した陸上自衛隊の方の話を思い出す。

それから想像するに

「この世のものとは思えない悲惨な現実」

人が物のようにあちこちに遺体でころがり、強烈な異臭と地獄の光景。



スクールバスにはさまれて遺体でみつかった少女の頬を手でなぞる母親。

学校の体育館に雑然と並べられた遺体を一つ一つ見て身内を探す人々。

あえてここではそれらの写真は掲載しないが。


目を塞ぎたくなる光景である。


日本のメディアはあまりに強烈な映像を公開しないので、

はっきりいって何万人死にました。と報じても たいへんだぁぐらいです。

でも、強烈な映像でも、目を塞ぎたくなる映像でも、それが真実です。そして同じ日本人としてその真実は目を背けず見なければならないと思うのです。


いつも死体回収で自衛隊の方が活躍していますが彼らがどれほどの精神的に辛い状況で作業しているか、それらを見れば痛感するでしょう。


そして、生きていること、友や親や子供が生きていること、家があること、家族がそろっていることがどれほど奇跡で ただ ただそれだけで「幸せ」なんだということを思い知る。


私達残された人々は、この震災の本当の真実を知り、心に深く刻み。永久に忘れることない真実とし、生きていかなければならないのだと思う。



今大災害は復興に向け、

被災者は復興者へと転換期を向かえ、

被災以外の人々も「自粛」から通常へとシフトしてきている。


それはとても大切な事で、いつか人は前を向いて歩いていかないといけない。


ただ過去を忘れるのではなく、心に刻んで進まなければならない。



この道のりは遠いだろうが、被災者もそれ以外の日本人も



人としての誇りにかけて。




以前911で話題になった歌詞↓


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても 分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日がこないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや 抱擁や キスをするための ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


--------------------------------

そして




今、




大切な人に愛している事を伝えましょう。






約束された「明日」などないのだから・・・・・・。
20110318_JAPAN-slide-O3D9-jumbo.jpg
「洗い流された民家から出てきた家族の写真 (岩手県陸前高田市)」
この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
F1.4のじゃじゃ馬。
- 2011/04/06(Wed) -
IMG_1908.jpg
新しいレンズが欲しいが、手に入りそうにない為、ズームレンズを失ったおいらは。。。

単焦点のみで日々の撮影い挑んでいます。


しかもレンズの中でも一番じゃじゃ馬的存在のF1.4 30mmで(^^;




F1.4だけに開放近くは紙切れピントで少し前ピンでしかも何枚かに1枚程度しかジャスピンは撮れません・・・。



上の写真はF1.4の開放でのジャスピン偶然成功例。








実は敬遠していたこのレンズ。






逆に使い倒している今。





癖があるから可愛いレンズ?!になってきました(^^
IMG_1912.jpg
魚がたくさんいることでの興奮をダンスで表現中の息子。









このレンズの白とびもならない方法が大分わかってきて。






どのレンズにも持ち味を理解して長所を生かした写真を撮る努力をする事がレンズを愛することだと思います。






やたらレンズだけ集めてしまって・・・なんてことに陥らないためにも、今回はいい経験です。



IMG_1923.jpg




そして今日はお試し保育の日で、午後は3人でランチ!



でもよかったのだが、息子の事を考えて群馬の森へ弁当をもってランチとしました(^^
IMG_1938.jpg
フリスビーが置いてあったので投げて遊ぶと、、、息子も頑張って真似しますが・・・・・。



にしてもこの2歳児はタフです。青森の血がそうさせているのかなぁ~









春の陽気でもう汗ばむ感じです。
IMG_1943.jpg
暖かくなると気分もいいし、どっか出かけたくなる。



次の休みはなにしよっかなぁ~(^^
この記事のURL | 子供 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入園式。
- 2011/04/05(Tue) -
IMG_1881.jpg
2歳3ヶ月日に日に成長をしてくれる息子も、


今日は入園式でした(^^



あまりの人の多さにびっくりしたみたいですが・・・。いろんな表情をみせてくれるこの子のこれからの成長が楽しみです♪





最近の息子
「ひとちゅ いちゅちゅ むっちゅ ななちゅ やっちゅ ここのちゅ ひとちゅ・・・・」
と無限ループ。でもちゃんと指差して物を数えてたりする(^^


IMG_1903.jpg
保育園でこれからどんな楽しいことがあるのかな?
明日から早速慣らし保育スタート☆










最近映画「ちょんまげぷりん」にはまり。
IMG_1907.jpg
プリン作ったりしてます(^^





映画はふざけたタイトルだけど内容は意外といい話やねん(^^
IMG_1661.jpg
見た目悪くまずそうだけど

やっぱり手作りは最高ですなぁ♪
この記事のURL | 子供 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜景スポットにて
- 2011/04/03(Sun) -
IMG_1872.jpg
埼玉でNO1といっていい夜景スポット。


久しぶりというかもう二度と来ることはないと思っていたが群馬の連れをつれて今度登るので事前にきてみることにした。



1枚目の写真はこの若い子がずーと一人でここでぼーとしていたので勝手に撮影(^^






この日はかなり霧がかかっていてあんましよく見えなかったけど
IMG_1869.jpg
やっぱり最高の絶景です。







この夜景スポットがなぜ最高なのか・・・・。




その理由は俺が思うに。



苦労して山を下って登らなくては夜景は見れないということ。

IMG_1867.jpg
「手をとる夫婦」

この坂  見た目以上に厳しい坂・・・・・。


だからこそたどり着いた夜景は倍増して最高に感じるんです(^^








そして。
IMG_1816.jpg
超でっかいけどアパートに飾りました(^^








息子の初挑戦
IMG_1827_20110402214509.jpg
アサヒスーパードライを一口飲んでみる息子。


この笑顔と共に  



「ニガニガ~」と。
この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春はそこまで。
- 2011/04/03(Sun) -
IMG_1836.jpg
今日はとてもいい陽気。

今日は嫁も俺も休みなので枝垂桜を見に超近場のお寺に行ってきた(^^


ちなみに最新版測定値

空気中 4月3日 0.048 (マイクロSv/h)

水道水 4月1日 ヨウ素131⇒ 3.4(Bq/kg) セシウム137⇒ 0.36(Bq/kg)


やっぱり汚染はいまだ継続。




さて桜




やっぱりいいです。



現在ズームレンズ売却にて30mmF1.4のみで撮影。
IMG_1838.jpg
どうしても白トビとの戦い。


そしてジャスピンになりたくないじゃじゃ馬レンズの扱いに奮闘です。






桜を見に来る客もそこそこ居てにぎわってました♪
IMG_1847_20110402214509.jpg






春の陽気の中、ボーイスカウトの子供たちが

「募金おねがいしまーす」と大声で叫ばれていて・・・・写真を撮っている俺にも視線をガンガンに送ってきたのでやりづらいやら・・・・。





いつも何枚か撮ったら帰るが、今日はいつもと違う視点で撮ってみた♪
IMG_1860.jpg
逆光と蕾。









IMG_1862.jpg
あとは早期復興を祈るばかり。
この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気分転換。
- 2011/04/02(Sat) -
IMG_1787.jpg
久しぶりにちょっと遠くまで温泉ツーリング行きました。




場所は以前行った峠の湯。





風が強くて、、、そして寒くて、、、、、バイク日和ではなかったが久しぶりのOFFといった気分で楽しめた。








ただ





峠の湯。        明らかに温泉じゃないにおいプンプン(; ̄д ̄)ハァ↓↓

そして「刺青お断り!!!」と掲げておいて入れば全身刺青のお兄さんいっぱいいたし、、、、。

どうせ入っていても お断りだ!出ろ と言えないのなら お断りの看板とかを掲げるな!!!と思う。

そっち系のお兄さんはそんな看板気にするはずがない。


そしてお客はこういう看板あれば安心して入れると思うのに結局意味がない。。。。





帰りはちょっと上にある「めがね橋」という碓氷峠で有名なレンガの橋を見に行ってみた。
IMG_1790.jpg
しかし!!!肝心の場所が工事中で少し離れた場所にあった小さいめがね橋しか写真に撮れず・・・・。

このめがね橋はその昔列車が走っていたらしい~




なかなか迫力あったのでまた日を改めて是非見にきたい。









帰りはちょっと妙義山に立ち寄ってみる。
IMG_1806.jpg
まるで「天空の城ラピュタ」

標高が高いせいか、粉雪が舞い  気温も2℃(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル















やっぱ
IMG_1799.jpg
バイクは最高です(^^
この記事のURL | 温泉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
計画停電。
- 2011/04/02(Sat) -
IMG_1756.jpg
当初は毎日計画停電実施していたが。


最近は電力供給が需要を下回る為まったくない。



拍子抜けやら、、、、ある意味だるい。



電力を北海道から分けてもらうのも 無理。(海峡を通る送電線には一度に送れる電力量が決まっている為)

西日本から電力をわけてもらうのも 無理。(西と東で周波数が違うから)

そもそも周波数の違いは西と東がその昔発電機を輸入したのがアメリカとドイツだったからその発電機の周波数の違いが現在に至っているというとても馬鹿げた理由。

周波数の変わり目の3箇所の変電所は存在するが一度に変換する電気量に限界あり。

結局


100万KWもの膨大な電力供給は確保困難!!!



このままいつまで続くかわからない計画停電をやっていくと経済は大打撃ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!


どうする東京電力!! (もう2兆円の追加融資していて倒産寸前)


もう




耐震強度マグニチュード10に耐えられ、津波20Mにも耐えられる原子力発電所を
何百億円かかろうと作るしかないのでは???


と思う。





危険だけどこの危険な原発に頼らないと生きていけないこの現実。ほぼ共生みたいなもの。




どうする。東京電力、、、、そして日本政府。
この記事のURL | 何気ない日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |