FC2ブログ
2020 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 10
グラスコーティング期限終了。
- 2020/08/18(Tue) -

IMG_7206.jpg

水洗いだけで綺麗になっていたけど、

もうその役目、グラスコートの耐久年数を超えてしまった。


ようは、もう光るように綺麗に見れない。。。。



ふとメンテナンスキットを思い出し、メンテナンスを無理やり全ボディに塗ってみた(^^


IMG_7210.jpg

なんちゃって復活したような、、しないような、、、



でも今回はついでにメッキパーツの研磨を取り入れて磨きまくった

IMG_7212.jpg

新車みたいにメッキが復活&ボディの煌きも戻ったので


しばしの間

IMG_7213.jpg

初代の古いN-BOXがちょっとよみがえった(^^

スポンサーサイト



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アルファード内装最後。
- 2020/01/16(Thu) -

IMG_6818_20200116180309e5a.jpg

アルファード内装をあと少し、、、と最後のパネルつけをすることにした。



一番気になっていた天井周りであったが、変に浮いてしまうのでは??という懸念があったが、とりあえずフィッティングしてみないと分からないので買って装着!!!


IMG_6819.jpg

つけた瞬間

「あかーーーーん」ダサい、浮いている、逆に安っぽく見える、、、、


すぐに外してメルカリ転売へ、、、、、、



もうひとつ買ったがやや心配になるが、装着してみる。

IMG_6820.jpg

リアドアのスピーカーに周りにメッキのガーニッシュ。



ギラギラしてしまうのでは?とも思っていたが、それより気になったがフィッテングが悪いと言うこと。でも、、、、付かない事はない。


IMG_6822.jpg

補強テープをびっちりつけて


IMG_6821_20200116180312aa3.jpg

ビフォー

IMG_6823_20200116180317324.jpg

意外とラインと光り方が綺麗でいい感じになりました(^^



IMG_6824.jpg

こっち側もこんな感じ。

これでもう内装ペタペタ貼るのは終了するけど、やりすぎず、貧相すぎない丁度いい仕上がりになったと個人的には満足かな。


IMG_6671_201912180946334e0.jpg

最初がこれだったんだからねぇ、、、本当に同じ車でも格差付けすぎです・・・・



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フロアシート。
- 2019/12/26(Thu) -

IMG_6802.jpg

フロアシート安くていいので、、、とネットで買った。

レールにゴミが入るのが嫌だったのもあって、2列目のみのシート。



安っぽい感じもあったが、それより問題はサイズが合わなかった、、、、

結局はさみで切り取って無理やりインストールです。



IMG_6803.jpg

助手席はこれ以上下げれなくなりましたが、ロングスライド使う予定もないので、とりあえずこのままで様子みます。




IMG_6804.jpg

泥まみれ、砂まみれ、なんでもござれになりました♪

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アルファードインパネ これで一応完成。
- 2019/12/18(Wed) -

IMG_6653.jpg

あまりギラギラさせたくもないし、純正感が損なわれるほどの変更もしたくない。

ただ、SAパッケージがあまりに貧相な内装なので少しだけ手を加えてこれで一応アルいじりは一旦終了となるかな。


家で開封してクオリティは悪いが、こんだけのインパネ集めても安く済んだのでまぁよしとする。

家で事前に両面テープを増し増しで貼って剥がれないように対応。



IMG_6664_2019121809463043b.jpg

朝寒かった(3℃)のでガレージから電源を引っ張ってドライヤーで暖めて粘着力をあげて、更にインパネの歪みも結構あったのでドライヤーでゆがみも補正しながら貼っていきます。



IMG_6654_20191218094619ae6.jpg

まずはこの味気ないハンドル周り。

黒木目かピアノブラックか迷ったのだが

IMG_6655.jpg

こうなりました(^^

ただ、クオリティより左のインパネ、指紋だらけの上にクリアしてるので最悪でした・・・・・光に当てて気づくという、、、、もう返品できません。。。。。。。。。。


まぁパッと見た感じが良くなったので暫くはこれで。




IMG_6656_20191218094620683.jpg

次はこの部分。

これはトータルの雰囲気を出すためにピアノブラックにしてみた。


IMG_6657_20191218094622536.jpg

光沢感、重厚感が出ていい感じであったが、これも右側がクオリティ最低、、、、、もう中国で生産する際の技量の差が出てます感満載。。。。。

日本での取り扱いには検品しないのか???と思ってしまう




IMG_6658_20191218094624204.jpg

パッと見てあまり目立たないのでよしとする。



IMG_6659_20191218094626282.jpg

次はこのハンドル

うーん、なんでこんなに味気ないのか、、、と気になっていたが、これに合うものがあったので

はがれそうだがしっかりと脱脂してドライヤーで暖めて装着!!

IMG_6661_201912180946264bf.jpg

これははじめから純正で付いていてもいいんじゃね?と思ってしまった。



IMG_6663.jpg

反対側も  ビフォー

IMG_6666.jpg

アフター



IMG_6672.jpg

これ、継ぎ足した両面テープ

もう取る際は割れるぐらいの粘着になってしまう事 覚悟の上です(^^



IMG_6671_201912180946334e0.jpg

リアのこれは酷いなぁ、、、と思っていた、もうアルファードの内装と思えないぐらいあえて差をつけているとしか思えない

IMG_6673.jpg

ピアノブラックのリモコン周辺と、メッキのドアノブ

これでやっと最低レベルになったかと。。。



IMG_6801.jpg

最後は運転席のこの部分、なにもついてなかったので、比較的純正に近い(全然違ったが)シルバーメッキを貼り付けて完成


IMG_6800.jpg

これ以上車内にペタペタ貼ると汚らしくなるので一応これで終了♪


内装も少しはアルファードらしくなったかな、、、あまりに最初が貧相で本当にトヨタさんの販売戦略恨みます。。。。。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アイドリングストップとは。 本当にお得なのか?
- 2019/12/04(Wed) -

IMG_6648.jpg

この車アイスト付いています、このエコボタンを押せばキャンセルできるが、エンジンをまたかけるとエコONになる。しかも

アイドリングストップ機能とエコモードでエンジン制御機能が別ではなく一括でONとOFFなので、アイドリングだけ止めたくてもエコモードもオフになってしまう。


結局スターターとバッテリーを酷使しまくって、3年の車検で「限界です」とバッテリーを交換する事になってしまった。


しかもバッテリーはアイスト専用でなければならない。勿論通常より高い。


そもそもアイストって必要なのか?に行き着く。

軽自動車のアイドリングでの平均的なガソリン使用量

1秒⇒0.11cc 1分⇒7cc 1時間⇒430cc


エンジンを切り、再スタートする際は数千ワットもの電力にてセルモーターを回して動かし、更に再始動時だけで1cc近く燃料を使うというデーターもある。

そうなるとエンジンをかけるだけで9秒分程度は燃料を消費する。8秒から9秒程度のアイドリングストップは燃料節約にはまったくならないという計算。

更にマイナスでバッテリーの寿命とセルへの負担が後々整備費用でのしかかる。


たとえバッテリーが同じ寿命として、差額が1万円としても

その差額の金額をプラスマイナスゼロにする為には


190時間アイドリングストップでプラマイ0円!!!


そんな事より、コンビニなどで無駄にエンジンを掛けてボーとするのをやめる方がいいような気もする。



そもそもアイドリングストップとは環境面から世界的なCO2削減の流れの中から国が推進し、各自動車会社が取り組んだ結果の物なので、ハイブリット自動車がガソリンで元が取れるか取れないかという話と同じで、

「CO2削減及び排気ガスによる環境を守る働きの中での自動車業界の取り組み」

という位置づけ

と言うことは、バッテリー交換が早まる、値段が高い、セルの寿命交換、などの視点ではないので、お金の面でお得かお得でないかは関係ないのである。


私のNボックスもアイドリングだけストップしないようにしたいとネットを見たら

専用ハーネスはあるが(エコモードもOFFになる+お値段が高い)ので結局論外


で最後にたどり着くのが

0円数分で出来るアイストキャンセル。

IMG_6645_2019120417130759d.jpg

ボンネットのこの奥の


IMG_6646.jpg

これを引っこ抜いて防水処理でテープグルグル巻きにします。



そうするとN-ボックスのアイドリングストップをするコンピューター内の要件の1つのボンネットが開いていると認識する事での作動キャンセルが可能になる。


それ以外のエコモードは

IMG_6649.jpg

しっかりと機能します。



ただ、、、、、、、通常の「ビービービービー」鳴るセキュリティーがOFFになってまうのだが。


本当のプロ集団はまず盗まん。


しかもどんなにセキュリティを万全でも簡単に盗めるからプロ。


まぁ狙われたら最後


ってやつ。



これで前の車のムーヴーで焦った電池切れでの鍵による開錠後のセキュリティーで鳴り響くホーンに3分の地獄を味わったのは今後皆無♪



アイスト


いらんと思う。


勿論アルファードにもつけてません。

アルファードはオプション5万円

元をとるためだけに5万キロは走らないとだめみたいだし、、、。バッテリー高いし、多分寿命も短いだろうし、、、、ディーラーの人「アイドリングストップはいらないですよ」と勧めてなかったしね。



これで不意に止まるエンジンとはおさらばです(^^



覚書

リッター140円計算(冬場設定)

軽自動車で一時間アイドリング⇒約60円

普通車で一時間アイドリング⇒約112円

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ